犬のキャリーバックとリュック・株式会社パスカンパニー

素晴らしい犬・パスカが好きすぎて、彼のためにドックキャリー作っちゃいました。

パスカの見栄と虚栄心。

 

パスカは、時々見栄を張ります。

台風のメアリーさんが近づいて来ていた時のお話です。

 

メアリーさんがくるぞ。いそげいそげ

 

大した理由はありませんが、時々パスカは機嫌が悪くなります。

その日も私に向かって「あ”ー」と怖い声を出しました。

パスカが無意味に機嫌が悪くなった時は、私は相手をしなくなります。

無視です。

 

パスカは私とアイコンタクトが取れなくなってしまったため、

「しまった。おねがこわい声をだしたから、ゆかこわくなっちゃった。どうしよう。」

とパスカの考えていることが透けて見えました。

 

心の距離

そして、台風メアリーさんの登場です。

突風が吹いてきました。

怖い音です。

 

ゆかー!とすがりつきたいパスカ。

しかしながら、パスカの見栄が邪魔をします。

 

にじりにじり

少しづつ私に近づいてくるパスカ。

まだパスカの虚栄心が邪魔をしています。

向こうを向いています。

 

たまに、ちらっちらっとこちらを伺いながら、私がどれだけまだ怒っているかを確認しています。

私は特に怒っていなかったのですが、パソコンに向かって仕事をしていました。

ついにこちらを向いたパスカ。

 

許された!

許された感を感じ取ったようです。

しかし!

ここで素直に「だつこー!」とすがるなんて赤ちゃんみたいなことはできません。

私からの「大丈夫?」待ちです。

めんどくさい男ですね。

 

念願のだつこ

私はパスカの前にしゃがみ、「大丈夫?なでする?だつこ?」とわざとらしく声をかけます。

パスカはもう満更でもありませんが、あと一声欲しいようです。

 

「台風だね。大丈夫?」

私はパスカのおててをなでなでします。

「ん?大じょぶ?ふdffafffaになったったの?」

 

大事なのは「言葉」ではありません。

 

なかなおり

パスカ落城です。

 

にほんブログ村 犬ブログへ
犬ランキング 

 

私の宝物・パスカが好きすぎて彼に要望を叶えたドックキャリーバックを作りました。 既存品では満たせなかった安定感や素材、そしてデザインを改良し、より犬と飼い主の生活に寄り添うキャリーバックとなりました。 パスカ・リックスキーは、犬と飼い主が安心して一緒に過ごせる商品です。

パスカンパニーウェブサイト https://yukatopascompany.com